シーバックソーンとは?

シーバックソーンとは、北欧やロシアなどの北ヨーロッパの寒冷地帯に育つオレンジ色の実です。日本では「サジー」という名称が一般的で、北海道で栽培がスタートしたばかりです。
古くからジュースやジャムとして親しまれており、ヨーロッパでは冬のビタミン補給源としても重宝されているそうです。

果物ですが、果実、種子、葉、樹皮など全ての部分に健康にいい栄養素が詰まっていて捨てるところが無いスーパーフードです。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ポリフェノールをはじめ、なんと200種類もの栄養成分が含まれている最強のフルーツなのです。

シーバックソーンの栄養成分と効能

シーバックソーンには女性に必要な栄養素がたっぷり凝縮されています。
フルーツの中で唯一、ビタミンA・C・Eの全てをバランスよく含んでおり、抗酸化力が非常に高いのが特徴です。また含まれている油脂のほとんどが、新陳代謝を促してくれる必須脂肪酸です。

それぞれの栄養素とその美容効果を詳しく見ていきましょう。

ビタミンA・・・疲れ目の緩和

ビタミンC・・・美肌&美白効果、大人ニキビの改善

ビタミンE・・・冷え性と不妊改善、生理痛の緩和

アミノ酸・・・ダイエット効果&免疫力アップ

リンゴ酸・・・疲労回復効果

鉄分・・・貧血防止

オメガ7(必須脂肪酸)・・・アンチエイジング効果(コラーゲンの生成など)

ほかにも、アトピー性皮膚炎や気管支喘息、紫外線アレルギーなど、アレルギー体質の改善にサジーに含まれるパルミトオレイン酸が効くとも言われています。

これだけの美容・健康効果を一度に得られるフルーツというの素晴らしい女性の味方です。

ちなみに、シーバックソーンに含まれるビタミンCはレモンの約9倍、アミノ酸は米酢の約5倍、鉄分にいたってはプルーンの約37倍にとも言われています。

シーバックソーンの摂り方

シーバックソーンの摂り方はの代表的なものはお茶になります。
シーバックソーンの葉っぱをそのままティーバックにしたものが便利で簡単です。価格もリーズナブルで、ネット購入ができます。

生サジーを冷凍したものも売ってるので、ジャムを作って、ヨーグルトに混ぜたりしながら美味しく食べることができるので重宝します。
ジャムにするときのポイントですが、他の果物と混ぜることをおすすめします。シーベリーの実を過熱すると脂肪酸が独特の臭いを出します。その香りを柔らかくするためにもオレンジやレモンと一緒にジャムにするのが良いでしょう。

また、シーベリーの効果を効率よく摂り込むにはそのまま果実をスムージーにして蜂蜜を入れて食べるのもおすすめです。

次に、身体の外側から取り入れる方法としておすすめなのが、シーバックソーンを使った美容オイルです。
夏の紫外線でダメージを受けた肌の回復にバッチリです。 

究極のスーパーフード、シーバックソーンの美容と健康効果はおわかりいただけましたか?

シーバックソーンは内側からも外側からもキレイを促進してくれるので、ぜひ今から注目しておきたいですね!

関連するまとめ

日本が誇るスーパーフード「ぬか漬け」 その驚くべき美容効果とは?

昔のから日本人の食卓に並んでいたぬか漬け。最近はぬか漬けを自宅でしている人も少ないのでは?毎日ぬか床を混ぜな…

綺麗な女性はみんな知っていた?!今話題のスーパーフードの効果がすごい!

近年、日本の食の欧米化により生活習慣病が社会的な問題となっています。しかし、美容や健康に関心の高い女性たちの…

身近な優秀野菜~サツマイモ

特別な食材というイメージが強いスーパーフード。しかし、普段からよく口にする野菜だって意外と優秀。わざわざ流行…

関連するキーワード

スーパーフードプラス編集部

今話題のスーパーセレブが愛用するスーパーフードで体の中から美しくなるための情報を提供していきます。