ぬか漬けとは?

米ぬかを乳酸発酵させて作ったぬか床に野菜を漬け混んで作るお漬物の事です。ぬか床の中で生きる微生物の働きによって、野菜の旨みや栄養が抜群にアップします。

ビタミンB群が10倍にも!?

ぬか床に漬けた野菜は、ビタミンやミネラルが何倍にも増えるのです。
そのなかでも、美肌ビタミンとも呼ばれるビタミンB群の増え方です。

たとえば生のきゅうり100gあたりに含まれるビタミンB1の量は0.03mgですが、ぬか漬けにすることで0.26mgに増加するのです。なんと約10倍にもアップします。 ぬか床に漬け込むことでぬかの栄養が食材に移り、スーパーフードに変身するのです。

そんなビタミンB群の働きは、自律神経のバランスを整えてイライラを鎮めたり、便秘の改善にもつながります。また、ぬか漬けには乳酸菌や酵母も豊富なので、腸内環境の改善ができ、美肌効果につながるのです。

ぬか床の作り方

《材料》
生ぬか 500g
水 500cc
天然塩 65g
昆布 15cm
鷹の爪  1本
漬け捨て野菜 適量

《作り方》
1.沸いたお湯500ccに塩を入れて溶かす。冷めるまで待つ。
2.ボールにぬかを入れ、塩水を3〜4回に分けて入れていく。最初は菜箸でくるくる混ぜて馴染ませていくといいですよ。
3.しっとりとして、柔らかい味噌のような見栄えになったら、容器に移して捨て漬けの野菜を入れる。昆布と鷹の爪も入れる。

《コツ・ポイント》
つけ捨ての野菜は、キャベツと人参、大根などが良いでしょう。

いかがですか?

夏はぬか漬けに合う野菜がたくさんあります。
自家製ぬか床を作り、ぬか漬けで美肌作りをしてみてはいかがですか?

関連するまとめ

身近な優秀野菜~サツマイモ

特別な食材というイメージが強いスーパーフード。しかし、普段からよく口にする野菜だって意外と優秀。わざわざ流行…

見た目もかわいくて美容にもいい!女子におすすめスーパーフード「ハニーナッツ」

今、話題になっているスーパーフーズ「ハニーナッツ」をしっていますか?いろんな種類のナッツをハチミツに漬けこん…

いよいよ夏本番!今年の日焼け対策は肌の上だけじゃなく内側からもケアしましょう

毎日暑い日が続きますね。晴れている日はもちろんですが、曇っている日や雨の日もこの時期は強い紫外線が出ているの…

関連するキーワード

スーパーフードプラス編集部

今話題のスーパーセレブが愛用するスーパーフードで体の中から美しくなるための情報を提供していきます。