健康な身体や心を作る成分がたっぷりのパッションフルーツ

近所のスーパーではなかなか見かけないパッションフルーツ。一度も手に取った事が無いという方も多いのではないでしょうか。

そのまま食べるよりもジュースや、パッションフルーツ味の○○、として味わうことの方が多いかもしれませんね。見た目は黒紫で直径4〜5センチ程度、大きなさくらんぼ?のような球状です。真横に半分に切ると、オレンジのゼリー状の果肉と小さな種が入っていて、そのままスプーンで種ごとすくい取って食べます。

ジュースと同様、酸味と甘みが強くて、とても美味しいフルーツなんです。酸味が強いほうが好きな方は熟す前に、酸味が苦手という方は、表面にしわが出るまで待ってから食べると熟して甘みが増すようです。

もともとはブラジルが原産地で、ニュージーランドやアメリカが主な生産地。国内では、鹿児島や沖縄などのあたたかい地方で栽培されています。東京都でも、小笠原村や八丈町で作られていて、この3県で全国の90%を栽培しています。意外だったのは岐阜県にあるという本州最大規模の露地農園。世界有数の糖度が自慢だそうで、ぜひ一度味わってみたいですね。

パッションフルーツの栄養成分

βカロテンの生活習慣病から身体を守る為の成分や、ビタミンB6やビタミンC、葉酸など、健康な身体や心を作る為に必要な栄養素をたっぷりと含んでいます。種ごと食べて、ビタミン・ミネラルをしっかり摂取したいですね。

抗酸化物質豊富なブドウで老化防止

食後のデザートとしても良く登場するブドウ。秋の果物狩りとしても定番ですね。このブドウに入っている成分で有名なのはご存知ポリフェノール。中でも「レスベラトロール」というタンニンや若返りの成分と言われているポリフェノールが注目されています。初めて耳にする方も多いと思いますが「レスベラトール」とはポリフェノールの一種で、活性酸素を除去してくれる抗酸化物質として知られています。

活性酸素と言えば、最近では「老化の原因」として広く知られるようになりましたね。ストレスや紫外線、喫煙や飲酒、食品添加物など、現代社会では避けては通れない要因によって増えてしまう活性酸素。活性酸素が増えすぎることによって、細胞の老化が早まり体内の組織が衰え、シミやシワ、生活習慣病、認知症などの原因になったりするわけです。

レスベラトールは、それらの「老化の原因」となる活性酸素を除去してくれる抗酸化物質。それが、よく食べているフルーツ「ブドウ」に含まれているとなれば、積極的に採っていきたいですよね。

アメリカでは、老人に毎日少量のグレープジュースを飲ませると、記憶力が衰えないとも言われているそうです。

知られざるブドウの効果。細胞の酸化、老化を防いでくれる、頼もしい成分というわけですね。

ブドウの栄養成分

ブドウには多くの種類があり、ドライフルーツである「レーズン」としても気軽に購入することが出来ます。驚くことに、ブドウを生のままいただくよりも栄養が凝縮されてたっぷり摂取することが出来るんです。ちょっと小腹が空いた時など、バッグの中に入れておくことが出来るので手軽ですし、スナック菓子ではなく栄養素がしっかり含まれたレーズンいただくことで、身体も心も大満足。おやつだけでなく、ワインのお供にもよさそうですね。

不老長寿のスーパーフード、いちじく

最近では肉料理に使われたりして人気が高まっているフルーツのひとつ、いちじく。とは言え、まだまだ一般的ではないでしょうか。実は、豆や穀物よりも早くこの世に生まれた植物であると言われており、生命力のある強い果物。そして「日本人が不足しがちな栄養素」と言われている成分がたっぷり含まれている優秀なフルーツ。

生でいただくのはもちろん、ドライフルーツや火を通したお料理等、是非取り入れて欲しいスーパーフードなのです。

昔から食用だけでなく、薬としても利用されていたいちじくは、中国では不老長寿の果物と言われ、栄養価や薬効が高いとして大変重宝されていたそうです。

特に注目すべきなのは、ペクチンなどの水溶性食物繊維量をとても多く含んでいるということ。りんごやオレンジの2倍以上、ドライフルーツを除外すると果物の中でもかなり上位の含有量。水溶性の食物繊維は便の水分状態を整えるという役割をもっていますから、腸内環境を整え、便秘による肌荒れを改善するという点でも美肌効果が期待できますね。

そして、カルシウム、カリウム、鉄分などのミネラルが豊富!骨や体を作るカルシウムに、余分な塩分を体外に排出する作用があるカリウム、そして貧血予防の鉄分ですね。

また、果実の紫色の色素成分、アントシアニンを含んでいます。アントシアニンと言えば、ブルーベリーやナス、紫いもなどに含まれるポリフェノールの一種として知られている青紫色の天然色素のこと。目の働きを高める効果、眼精疲労を予防する効果などで有名ですね。女性にはうれしいエストロゲンという、女性ホルモンと同じ働きをする成分も含まれており、更年期障害等の予防にも良いとされています。

いちじくの栄養成分

成分表を見ると、実に栄養素が豊富で、優秀なスーパーフードであることがわかります。干しブドウと同様、ドライフルーツになると栄養素が凝縮され、非常に高い数値になっていますから、女性のおやつに取り入れたいフルーツのひとつです。

関連するまとめ

今さら聞けない...スーパーフードってどんなもの?スーパーフードブーム到来

ここ数年で、スーパーフードという言葉やアサイー、チアシード、スピルリナといったスーパーフードそのものの名称を…

疲れた目を癒してくれるスーパーフード

私たちは日々、テレビやパソコン、スマホなどブルーライトを浴びている状態です。プライベートは控えるようにしても…

オーツ麦がもつスーパーフードとしての4つの魅力

グラノーラなどの主な原料に使われるオーツ麦。別名を「燕麦(えんばく)」とも言います。オートミールといえばわか…

関連するキーワード

スーパーフードプラス編集部

今話題のスーパーセレブが愛用するスーパーフードで体の中から美しくなるための情報を提供していきます。