北欧の海藻「ダルス」とは…

「ダルス」は、カナダや北欧諸国で食べられている海藻です。

紅藻類の海藻で、生の状態は赤茶色で茹でると緑色に変わります。
ダルスは過熱して緑色に変化した色が加工をしても緑色を保持するという特性を利用して、加工食品などに有効活用できないかということで北海道などで研究されていたようです。

ダルスの栄養成分

では、ダルスにはどのような栄養成分が含まれているのでしょう。

ダルスは他の海藻に比べてタンパク質が豊富なのです。さらに、ヨウ素などのミネラル、ビタミン、抗酸化物質もたくさん含まれています。
その栄養価は健康野菜のケールの2倍とも言われています。そのためスーパーフードとしても注目が高まっている食材です。

ダルスの普及について

もともとダルスはオレゴン州立大学の研究グループが注目しアメリカで普及させることを計画していた。
ダルスを普及させる上で問題になっていたのは、育てるのが難しいということでした。そこでオレゴン州立大学のハットフィールド海洋科学研究センターで水産学を教えるクリス・ラングドン教授は、通常よりも速く確実に成長する新種のダルス「C3」を開発し特許を取得しました。

オレゴン州立大学経営学部の講師を務めるチャック・トゥームズ氏は「ケールはあまり美味しくありませんが、それでも社会現象になりました。だからダルスもケールのようなブームになるはずだと直感したんです」と話し、ケールを使った料理を考案中のようです。

1度は試したいベーコン味のダルス

冒頭にも紹介しましたが、ダルスは油で炒めたり、揚げたりするとベーコンの味になるといいますがどうなのでしょう?

1.まずは、乾燥したダルスを水で戻します。
2.戻したダルスの水気を切って油で炒めます。(もしくは油で揚げてください)
3.少し緑色っぽくなってきたら完成のようです。黒くなると焦げてしまっているようなので気をつけてください。
4.最後に軽く塩を振って出来上がり

炒めるよりも油で揚げたほうがベーコンっぽいと感じる方が多いようです。チャレンジする方はぜひ、両方試してみて自分好みのダルスを味わってください。

※写真はイメージです。

関連するまとめ

スーパーで購入可!美味しくて健康になれちゃう「身近なスーパーフード」4選

“スーパーフード”は、「専門店でしか購入できない」「高価そう」など、手の届かないものだと思われがち。それゆえ…

スピルリナとクロレラの違い

スピルリナとクロレラは色や形がよく似ているため、どのような違いがあるのかが分からないという方も多いと思います…

ちょっと待って、捨てないで!実は栄養満点♪かぼちゃの種の魅力を教えます。

かぼちゃの料理をするときに取り除く種。実は非常に栄養価の高い食品であり、健康や美容など様々な効果が期待できる…

関連するキーワード

スーパーフードプラス編集部

今話題のスーパーセレブが愛用するスーパーフードで体の中から美しくなるための情報を提供していきます。