アボカドとは

ギネスに「最も栄養価の高い果物」として認定されていることや「森のバター」という言葉とともに、ここ10年くらいで急速に消費量を増やしているアボカド。栄養価が高いく、脂質が多いものの不飽和脂肪酸が多いから体に良いなど、美容・健康意識の高い人々に人気の食材です。

アボカドは植物学上はクスノキ科ワニナシ属の樹木です。食べている実(果実)も木もアボカドと呼びます。種類はたくさんありますが、表皮が黒っぽい緑色をしておりメキシコでの生産が多い「ハス(Hass)型」、果皮の色が比較的明るく滑らかで、グアテマラでの生産が多い「ベーコン(Bacon)型」、南アフリカでの生産が多い「フェルテ(Fuerte)型」の3系統に大きく分類されます。

日本で流通しているアボカドのほとんどはハス型ですが、国内で栽培されているものはベーコンもしくはフェルテ種を元にした品種が多いようです。

アボカドの主な効果

アボカドはビタミンEをメインにビタミン類や、カリウム・マグネシウムなどのミネラル類を含み、食物繊維も豊富です。果物・野菜類の中で圧倒的に脂質が多いですが、不飽和脂肪酸を多く含むためコレステロールや肥満の心配が少ないのも特徴です。栄養補給・強壮や健康維持にも非常におすすめです。

老化防止

老化の原因というと酸化と糖化が代表的ですが、アボカドに含まれる不飽和脂肪酸は他の脂肪酸と比較して酸化しにくい性質があります。果物に含まれているものの糖質は5%以下ですし、糖の吸収を抑制する働きもあるので糖化予防にも役立っているでしょう。

アボカドには抗酸化作用から「若返りのビタミン」とも呼ばれているビタミンEが豊富に含まれ(100gあたり3.3mg)、一緒に摂取すると抗酸化力を高めるとされるビタミンCも多く含まれています。ビタミン類に加えて、カロテノイドの一種であるルテインやグルタチオンなど抗酸化作用のある成分も含んでいます。様々な抗酸化物質が相乗することで高い抗酸化作用を発揮してくれるでしょう。

ビタミンEもルテインも脂溶性成分なので脂質と同時に摂取することで吸収率が向上します。アボカドは脂質が豊富な食材ですから、単体で摂取しても自然と吸収率が高められるようになっています。

生活習慣病予防

アボカドの抗酸化作用は生活習慣病の予防にも役立ちます。生活習慣病が起こる要因の一つとして、過度なストレス・紫外線・喫煙などから発生する活性酸素が血管や細胞組織を傷つけ劣化させることがあげられています。年齢が若い方はSOD酵素など自分の体内にある抗酸化物質で酸化を防げますが、加齢とともに抗酸化力が衰えてしまうため外からの摂取が重要となるのです。

また不飽和脂肪酸は体内の悪玉コレステロールを低下させる働きがあり動脈硬化・心臓病・高血圧の予防に、カリウムによる体内の余剰ナトリウムの排出促進から高血圧・脳梗塞・心筋梗塞予防など、酸化以外の面で生活習慣病予防に約立つ成分もアボカドには含まれています。

カリウムの利尿効果と抗酸化作用などによる血液サラサラ効果、ビタミンEによる血流改善効果などからむくみの解消・血行不良や冷え性の改善にも効果が期待できます。

便秘の解消

アボカドは100gあたりの食物繊維量が5.3gと果皮やドライフルーツを抜いた青果の中ではトップクラスです。野菜で言うならゴーヤーの約2倍、キャベツやセロリの約3倍、トマトやキュウリの約5倍の含有量になります。

食物繊維の内訳で見ると、不溶性食物繊維3.6g・水溶性食物繊維1.7gとやや不溶性食物繊維が多いですが、便秘の解消に効果的と言われる不溶性:水溶性=2:1にかなり近い数字といえます。比率もよく含有量も多いので便秘の予防・解消に有効な食材と言えます。またアボカドに含まれているオレイン酸も便の表面をコーティングして潤滑油の役割を果たす・界面活性作用によって便を柔らかく排泄しやすい状態にすることで便秘解消を促してくれます。

便通の促進もそうですが、アボカドにはグルタチオンという成分が含まれており、肝機能を向上させることで毒素・有害物質の排出を促進してくれます。便秘の解消だけではなくデトックス効果もあわせて期待出来るでしょう。

美肌作り

アボカドは「食べる美容液」とも呼ばれているほど高い美肌効果があります。消費量の急増にはダイエットサポートや美肌作りなど女性に嬉しい効果も少なからず影響していると考えられるでしょう。

アボカドの持つ高い抗酸化作用はお肌の老化防止にも役立ち、便秘の解消やデトックス効果による肌荒れの予防などにも役立ちます。
アボカドに多く含まれているビタミンEは抗酸化作用だけではなく、末梢血管を拡張して血流を改善する作用もあります。抗酸化作用によって血液自体も流れやすい状態になっていますので、酸素や栄養素を肌にしっかりと行き渡らせ肌代謝向上、ターンオーバーの正常化などにも効果が期待出来るでしょう。

またアボカドはビタミンCをはじめ、新陳代謝を促すビタミンB6、皮膚の再生に必要な必須アミノ酸、肌荒れや老化防止に役立つコエンザイムQ10、不飽和脂肪酸は肌の潤いを守るセラミドの生成を促がし、シミ・しわなどの改善を促進させる栄養成分を多く持ち合わせています。

ダイエット

アボカドに含まれる豊富な食物繊維は水分を吸収してお腹で膨れます。バジルシートやサイリウムが「お腹で30倍に膨れる」などとしてダイエット商品として紹介されていますが、結局は食物繊維が膨らむことに変わりません。アボカドに含まれる食物繊維もお腹で水分を吸収して膨らみますから、満腹感の維持や食べ過ぎ防止に役立ってくれるでしょう。

またアボカドに含まれている不飽和脂肪酸は、オリーブオイルなどにも含まれている成分です。太らない油と呼ばれているように、インスリンの分泌量を調整することで体に余分な糖質を取り込まないようにしてくれる働きがあります。アボカドの糖質に含まれるD-マンノヘプツロースにもインスリン分泌抑制効果が報告されており、炭水化物の吸収が良いタイプの肥満改善にも有効と考えられています。

そしてタンパク質の代謝に不可欠なビタミンB6や脂質の代謝促進に必要なビタミンB2などもアボカドは野菜・果物類トップクラスです。糖以外の成分の代謝を高めることで余分な栄養を体に溜め込みにくくしてくれる効果が期待出来るでしょう。
不飽和脂肪酸はホルモンの原料として使用されることから、ホルモンバランスを整え、代謝の向上に役立つという説もあります。

関連するまとめ

食べて、飲んで心も体もスッキリするレモン♡レモンのいい効果ってなに?

レモンの砂糖漬けやレモンウォーターを暑い時や疲れた時に飲んだり食べたりすると体がスッキリしますよね。実はこの…

じつは栄養価の高いひまわりの種 ひまわりの種効果とは?

黄色い大きな花が太陽に向かって咲いている姿をみることが出来るひまわり。その種といえば、ハムスターの大好物です…

いつも料理の片隅でひっそりとしているパセリ そんなパセリの効果にビックリ!

メインのお料理の端で彩りを魅せるために添えられているパセリ。あまり口にする人はいないと思います。でも待って、…

関連するキーワード

スーパーフードプラス編集部

今話題のスーパーセレブが愛用するスーパーフードで体の中から美しくなるための情報を提供していきます。