日本スーパーフード協会が発表した、「2016年ニューフェイススーパーフードランキングTOP10」の第2位に選ばれたのが「テフ」です。

テフは、エチオピアで主食として食べられているイネ科の穀物です。
日本ではまだチアシードやキヌアが優勢ですが、すでに海外では大注目されており、主な原産国であるエチオピアの政府が少し前まで、テフの輸出に制限をかけていたほどなのです。キヌアが大流行したときのように、不足や価格高騰によって、地元の人まで手に入れるのが難しいという状態になってしまうことを懸念したからだそうです。

テフのすごいところ

「テフ」には8種類の必須アミノ酸を含む良質なたんぱく質・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれていて、腸・肝臓・胃・骨・血液など、体内の健康をフルサポートする力があります。それだけではなく、おいしくて今話題のグルテンフリー食材の1つでもあります。小麦の代わりにも使えるということから、ダイエット・美容食品としても注目されているのです。

鉄分量

鉄分は女性に不足しがちな成分の一つ。そんな鉄分は、細胞を活性化したり免疫機能を高めるなど、美と健康においてなくてはならないもの。テフはそんな鉄分を小麦や大麦の2~3倍も含むのです。

カルシウム

カルシウムも現代人に不足しがちな栄養成分の一つです。そのカルシウムも小麦のおよそ25倍も含まれているのです。イライラ解消や骨粗しょう症の予防効果があるとよく聞きますが、皮膚の新陳代謝にはカルシウムが必要ですし、皮膚の保水成分を働かせるのもカルシウムの役割です。つまり、美肌作りに欠かせない成分なのです。

グルテンフリー

テフはグルテンが含まれていないためダイエット効果はもちろん、アレルギーの人も安心して食べられます。また熱に強く、味にクセもないため、幅広い料理に使えるのも魅力です。

テフの効果

テフに期待できる効果は以下の通りです。

・ダイエット効果
・便秘解消
・免疫力アップ
・細胞を活性化
・アンチエイジング効果
・PMS(月経前症候群)の緩和
・血糖値のコントロール

女性にっとってはうれしい効果ばかりですね!

テフを入手するには

テフには「ホワイトテフ」と「ブラウンテフ」の2つがあります。値段などはどちらも差はないようです。

手軽な食べ方としては、白米に混ぜて一緒に炊いたりチャーハンを作ったり、小麦粉の代わりに使うのがおすすめです。テフの粉でクッキーやパンケーキを作れば、グルテンアレルギーの方でも安心して食べられるし、ヘルシーで栄養満点なスイーツが作れます。

前述でもテフの輸出制限の件を書きましたが、国民の消費量を確保するために輸出規制されていた「テフ」ですが、昨年度末からテフ農家の生産性が向上してきたため、その制限も緩和されて、日本でもネットショップなどでは手にはいるようです。
一般のスーパーなどでは、まだ手に入りにくいかもしれません。

関連するまとめ

あのエドガー・ケイシーも腸おすすめ「生アーモンド」

アーモンドの「アンチエイジング」、「ダイエット」、「生活習慣病予防」などの効果が取り上げられていますが、その…

あのエドガー・ケイシーも腸おすすめ「生アーモンド」

アーモンドの「アンチエイジング」、「ダイエット」、「生活習慣病予防」などの効果が取り上げられていますが、その…

今年の夏を乗り切るためのスーパーフード活用法

まだ梅雨も明けていないのに、連日の暑さ...。暑さによる夏バテやエアコン環境による体調不良など引き起こしてま…

スーパーフードプラス編集部

今話題のスーパーセレブが愛用するスーパーフードで体の中から美しくなるための情報を提供していきます。