なんで昆布ダイエット?

内臓脂肪にいい

昆布などの海藻の色素成分「フコキサンチン」は、脂肪の燃焼を促し、脂肪を分解してエネルギーを生み出す働きがあります。既に蓄積された脂肪も、食べた脂肪の燃焼も促す優秀食材なのです。

ミネラルがいい

身体の水分バランスは、「カリウム」と「ナトリウム」といったミネラルによって調節されています。ミネラルは体内に吸収されにくい成分なのですが、昆布のミネラルはとっても吸収されやすいのです。日頃からむくみやすい方は積極的に食べてみてください。

腸内環境にいい

昆布のネバネバ成分「アルギン酸」や「フコイダン」は、水溶性食物繊維の仲間です。水溶性食物繊維は、食べものから摂った糖や脂肪の吸収を穏やかにするだけでなく、善玉菌のエサとなり腸内細菌のバランスを良い状態に保ちます。また、水分を保って便を柔らかい状態に保つ作用があるため、便秘解消にも期待できます。

肌にいい

ミネラルが豊富に含まれているおしゃぶり昆布は、お肌を美しくする効果が高いとされています。また、食物繊維が多く含まれていてデトックス作用や、その他ビタミンなどの影響で、お肌を健やかで美しい環境に整えてくれます。

髪にいい

海藻類である昆布は、ヨードや各種ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれていて、つやのある質のいい髪の毛を作ってくれる効果が期待出来ます。

おすすめ昆布

昆布の旨み成分「グルタミン酸」には、脳の報酬系と呼ばれる部分を刺激して、満足感を高める働きもあるといいます。昆布を入れるだけで、いつものお料理の美味しさもアップする上、ダイエットのサポートまでしてくれるので一石二鳥ですね。
「おぼろこんぶ」と「昆布パウダー」なら、どちらもそのまま食べることができますから、お味噌汁やスープ、サラダに加えるなど何にでも使えますよ。

そして、「おしゃぶり昆布」は小腹がすいた時のおすすめ。スーパーやコンビニでも手軽に手に入るし、オフィスの机やバッグの中にも忍ばせておくことができるのでちょっとした時でも口にできます。においも気になりませんのでおすすめです。

いかがですか?

昆布で内からも外からもキレイになれる効果があるなんて素敵なことですね!

ただし、おしゃぶり昆布にはヨウ素が豊富に含まれていますが、摂取のしすぎは甲状腺機能低下症、甲状腺腫、甲状腺中毒症といった副作用を引き起こす可能性が高いので食べすぎには注意をしてください。

関連するまとめ

ジャパニーズスーパーフード「梅干し」で夏までに間に合う簡単ダイエット

ジャパニーズスーパーフードの1つ「梅干し」。その「梅干し」の驚くべき魅力がTVで紹介されました。 見逃したみ…

美肌もダイエットも夢じゃない!スーパーフード「モリンガ」に注目

日本でも注目されつつある「モリンガ」、みなさんはご存知ですか?どんな食材で、どのような効果があるのか、どのよ…

朝食べれば一日中太りにくい体に!「大麦」の美容・健康効果とは

近年、急激に広まりつつある健康志向の高まりは、食生活にも顕著に表れています。分かりやすく言うと、「白米より雑…

関連するキーワード

スーパーフードプラス編集部

今話題のスーパーセレブが愛用するスーパーフードで体の中から美しくなるための情報を提供していきます。